ウォーター ホームへ メールでのお問い合わせ

スタッフブログ

90cm水槽設置しました。

banban ... 01 21st, 2014

以前からうちの60cmのレンタル水槽をご利用いただいている会社様からの
水槽を大きくしたいというご依頼で90cm水槽へのサイズアップ変更の設置に
行ってきました。

淡水熱帯魚と水草の水槽です。

90cm水槽90cm水槽横

魚は色々でクイーンインペリアルタイガープレコ、ディスカス、ラミレジィ、
ファロウェラ、ボルネオプレコ、ピグミーコリドラスなど他にも色々泳いでいます。

水槽完成
90cm水槽完成

オフィスの応接室にこのように設置してきました。
来月どのようになっているか伺うのが楽しみです。

今回のプラン:水槽レンタル90cm
商品名:本格的熱帯魚水景
水槽:W900×D300×H360  ※本来はW900×D450×H450を使用

サンゴの実験 vol.2

banban ... 05 14th, 2013

ミドリイシの子株を専用のブロックに被覆させる実験開始から約150日が経過しました。
以前、開始から10日後のサンゴの様子をお伝えしましたが、現在はどうなったでしょう!?

スギノキミドリイシ
スギノキミドリイシ10日後スギノキミドリイシ150日後
      10日後             約150日後

サンゴの枝が伸びているのが確認出来ます。
ブロックに被覆も広がっています。

全部のサンゴが順調に成長している中で、やはりサンゴが大きく成長するには長い月日がかかることを改めて感じました。
この実験が少しでも未来のサンゴ保全や養殖に役立てば嬉しく思います。

サンゴの実験 vol.1

banban ... 12 20th, 2012

サンゴの養殖などで行われる、枝サンゴの子株を使った実験が12/6からスタートしました。
準備期間、約一ヶ月。
実験用の水槽を準備して、調子のいいスギノキミドリイシの親株を剪定して15本の枝を子株として採取しました。

次は子株を一つずつ専用のブロックにインシュロックで固定していきます。
弊社ではサンゴの養殖事業にも携わっているのですが、水槽での実験は初めてなのでちょっと不安・・・
10日後↓

剪定時の写真が無いのが残念ですが、こっちの不安をよそに元気いっぱいのミドリイシがインシュロックの上に被覆してきました。こんなに早く被覆が確認できるとは・・・
ポリプも開いてて状態がいいのが伺えます。

今回の実験では、土台として使用している成分の異なるAタイプのブロックとBタイプのブロックを使用した場合、どちらがより早く、そしてより大きくる被覆が広がるか。ブロックの成分によって変化が見られるのか?という実験です。

結果次第では将来的にサンゴの養殖などにも繋がるし、サンゴに関わる色んなことに役立つかもということで、現在実験中のサンゴのレポートでした。

ちなみに親株はめちゃくちゃ元気で剪定後、白かった箇所から新たにポリプが沢山出現し、成長を続けているじょうたいです

日本サンゴ礁学会へ行ってきました!

banban ... 12 18th, 2012

先月になりますが、東京大学の本郷キャンパスにて、日本サンゴ礁学会第15回大会が開催され行ってきました。

サンゴ礁学会』とはサンゴについて色々な研究や普及活動を通じて、またはサンゴの生態について日頃の観察や実験を通じてのことなどを企業や団体、個人が発表、講演を行い、失われつつあるサンゴを保護しよう!というゴールに向かってディスカッションが行われる場になっています。
『サンゴ礁学会』という言葉を初めて聞いた時はこんなマニアックな集まりがあるんだーって思っていましたが、参加してみると色々とためになる話や興味のある話が聞けて(難しい話も多いけど)良かったので今年もってことで2回目の参加になりました。

講演時の様子↓

サンゴ礁の保全についてだったり、移設事業、様々な実験、活動についての講演を聞いてきました。
普段仕事柄サンゴに関わることが多いので、サンゴについて考えることは多々ありますが、このように企業や団体でもサンゴ礁を守る為に色々な取り組みが行われていることになんか嬉しく思えた日になりました。
来年は沖縄で開催されるようです。

60cmレンタル水槽設置(淡水熱帯魚)

banban ... 08 23rd, 2012

先日、会社から近くにある渋谷区の道玄坂にあるオフィスに60cmレンタルの淡水熱帯魚水槽を設置してきました。
今回はお申し込み戴いて、水槽の打ち合わせ(水槽の雰囲気や魚をどういった魚種にするかなど)を含む一週間後に水槽を設置というスピード設置でしたが、会社で実際の水槽や魚、水草などを使ってプレ設置を行い準備をしていったため、作業もスムーズにそして水質の変化などによる生体への負担も最小限におさえて、水槽を完成させることが出来ました。

設置後クライアントの会社の皆さんが、魚に名前をつけている様子を見たり、水槽を観察して喜んでいる様子を見てアクアリウムコーディネーターとして嬉しく思い、また責任を感じた日になりました。

水槽の様子はこちら↓

SONY AQUARIUMのミドリイシ展示!

banban ... 08 2nd, 2012

7月の海の日から銀座のソニービルで毎年開催されているイベント『sony aquarium』でミドリイシというサンゴが展示されています。
外の大水槽でもなく、室内の円柱の水槽でもなく、そこは同ビルの8階にひっそりと・・・
先日このブログでも紹介した『沖縄 美ら海水族館』で生まれ育ったミドリイシです。

サンゴは海の中では、魚の隠れ家として必要不可欠なもので貴重な存在なのです。
そのサンゴが1歳のサンゴ、2歳、3歳と展示されています。

そして、このサンゴの水槽では新しい試みとして光合成をするサンゴに供給する照明をLEDのみで行っています。※従来は主にメタルハライドランプを使用します。

少し難しくなりましたが、貴重なサンゴも今年は特別に特別なシステムで展示されているということです。
是非『sony aquarium』へお越しの際は8階もお忘れなく。宜しくお願いします。

イベントへ向けてサンゴの実験!

banban ... 05 24th, 2012

毎年銀座で行われる夏のイベント『Sony Aquarium』の45回目が今年も開催されます。
今年も来場者の皆さんに楽しんでもらうべく少しずつ色々な準備が進む中、沖縄美ら海水族館からイベントへ向けた実験用サンゴが届けられました。

今回のサンゴは美ら海水族館で産卵し成長したウスエダミドリイシ。実験用とはいえ大切なサンゴです。搬入先の水槽の水温、水質を測って枝を折らないよう慎重に水槽へ

水槽の水温 24.8℃
水質  PH 8.0 AL 3.0 Ca 325 NO2 0 NO3 5〜10 PO4 0

といったとこ

水槽に入れるとメタハラに照らされて蛍光っぽい黄緑色が発色し綺麗ですねー!

そして今回の実験はというと?

メタハラに頼らずLEDだけでサンゴ(ミドリイシ)が飼えるのか?
というもの。水槽機具にもLEDライトが普及している中、ミドリイシの飼育に関しては強烈な光を放つメタハラの存在が必要不可欠と言われています。
それを今回はLEDのみで飼育してみようという試み。飼えるのか飼えないのかは正直わかりません。でも飼えるよう最善を尽くしたいと思います。

水槽に入って15分後ウスエダミドリイシがポリプを出しました。水質があってないと次の日には白化して死んでることもあるのでホッとひと安心。
水槽の水質にも馴染んできたようです。

今日から一週間くらいメタハラの元で飼育したのちLEDライトに切り替えて様子を見ようと思います。でもまずは一週間メタハラの元で!!

うまく飼育できればいいな〜

ミドリイシを買う。そして飼う!

banban ... 05 15th, 2012

久しぶりに問屋さんでミドリイシを購入しサンゴのストック水槽へ
薄いグリーン懸かった写真中央のツンツンが今回のサンゴです。

水槽でサンゴを飼うことは難しくその中でも頂点にいるのが、ミドリイシと言われています。王様です。
昔はクライアント様のサンゴ水槽にこのミドリイシを容れて飼育していたこともあったのですが難しさ故に一月後には白化してしまっていることもありました。

しかし、ここ数年は試行錯誤の結果水槽で育つまでに!!

これは石垣島にあるC.P.Farmからいただいたミドリイシです。
最初はトゲトゲは無くただの石ころだったのから少しずつ伸びてきて3年くらいで今ではここまで育ちました。

今回のミドリイシもこれくらい成長してくれたらなー
そしてクライアント様のサンゴ水槽へ数年ぶりにミドリイシが容れられたらなーと密かに計画中。

やっぱりサンゴはミドリイシが一番好きですね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ レンタルアクアリウムへ
にほんブログ村

海水魚問屋〜カエルアンコウ水合わせ!

banban ... 04 4th, 2012

昨日は午後から嵐になるとのこと、交通規制など色んなことが予想されるため外回り(クライアント様の水槽管理&メンテナンス)の予定を急遽変更し海水魚の問屋さんへ魚の買い付けに行ってきました。

今回はホンソメワケベラ、クマドリモンガラ、シリキルリスズメダイ、クログチニザ(幼魚)、クダゴンベ、デバスズメダイ、クロスズメダイ(幼魚)、ヤマブキハゼ、カエルアンコウ、その他色々仕入れました。

会社へ戻ったら、魚たちを淡水浴や薬浴、水合わせをしてストックしている水槽へ

カエルアンコウの水合わせはこのようにやりました。
真上から見たらアンコウみたい!

鱗が無く水質の変化にも弱いので点滴で少しずつ水槽の水を足しPHや塩の比重を合わせていきます。
おまけでスジエビを入れてみましたが、目では追っているもの食べませんでした。(中にはすぐにパクッと食べるものも!)

40分ほどしてバケツの水と水槽の水のPH、比重がちょうどになったので水槽へ
カエルアンコウを空気に触れさせないよう、水中で放します。

水合わせもうまくいき10分後には
流れの緩やかないいポジションを見つけたようです。
エスカ(疑似餌)はゴカイ系バージョン。

そして他の魚同様しばらく会社の水槽で調整し水槽に慣れ更に状態も良くなってきたらそれぞれの水槽へと旅立っていきます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ レンタルアクアリウムへ
にほんブログ村

サンゴのストック水槽リフレッシュ!

banban ... 03 28th, 2012

会社のバックヤードにあるサンゴストック水槽を久しぶりにリフレッシュメンテナンス。

サンゴがより状態良く保てるようライブロックを組み替えて水槽全体のレイアウトを変更し、水槽の機具やガラス面もきれいにお掃除!

今回のレイアウトはこのようになりました。

リフレッシュメンテナンス前の写真を撮り忘れたため開始前の写真はないですが、代わりに今回のお気に入り部分の写真を載せときます。

水槽中央部分の砂の道がお気に入りです。ライブロックを組んで積み上げるとき、ふと浮かんだアイディアで昔潜ったことのある宮古島の海をイメージしてみました。
結果的に水回りもよくなり、真上に付いているライト(メタハラ)からの照り返しで水槽がかなり明るくなったのでいい雰囲気の仕上がりに!

たまには水槽のレイアウトを変えたり色々と普段触らない箇所をメンテナンスすることは気づくことも多いし何より自分が飽きないのでいいことだなーと改めて思いました。

にほんブログ村 観賞魚ブログ レンタルアクアリウムへ
にほんブログ村

次ページへ »