ウォーター ホームへ メールでのお問い合わせ

スタッフブログ

ラッキー♪

banban ... 11 21st, 2008

 

 

信号待ちでふと気がつくと「2」がいっぱい

何かが事おこるのでは??

宝くじを買わなきゃ!

内輪ネタ

smart ... 11 20th, 2008

この亀さんは赤ちゃんの時にウォーターにやってきました。

子供のとき暴れん坊だったんですけど、背中を触るとこんな感じになって、おとなしくなったんです。

大人になった今も寝るときはこんな風です。あの頃が懐かしいなぁ。

って、誠に内輪ネタですいません(^^;)

沖縄の海にサンゴを植えてみませんか?

eclipse ... 11 20th, 2008

インターネットを通じて、サンゴの移植活動をしているサイトがあります。

http://sango.goo.ne.jp/# さんです。

利用するにあたってサイトに登録をしなければいけませんが、

登録料は一切無料なのでご安心下さい。

「こんな離れた場所からどうやってサンゴを植えるの?」と思われるかも

しれませんが、仕組みは簡単です。

『30人登録すると、1本のサンゴが沖縄の海に植えられる』

といった仕組みになっています。

私も早速登録してみました!

興味を持たれた方は是非、サイトを覗いて、参加してみて下さい。

私のMYサンゴはまだ30人集まっていないので植えられていません。

今なら一緒のMYサンゴになれるかも?

インドキンギョハナダイさん

banban ... 11 17th, 2008

 

餌付けも楽だしよく食べる 飼育しやすいハナダイですね

とてもキレイで可愛いので初めて見た時からお気に入りの魚です

事務所にもよくくるハナダイさんです

 

自然界ではメスの群れの中で強い個体がオスになって

縄張りをつくってハーレム状態でくらしているようです

オスは胸びれに斑点や体色も違うので見分けるのは簡単

 

事務所にも男の子はきません

いつもいるのは女の子達ですね

 

※上の写真はメスです

濾過槽

smart ... 11 13th, 2008

この一見すると水槽のようなもの。実は濾過槽(水槽を浄化する設備)なんです。

と、言う事は、、水槽本体は20t以上もある大水槽なんです。

熱帯魚を飼ってる方ならたまに水槽の濾過器の大掃除を行うと思いますが、同じことをこの規模でするとほぼ土木工事状態です。

スコップで濾過材を取り出して洗浄し、元に戻します。

言葉にすると簡単ですね(笑)

作業は地道で延々と続くのでした。。。

水草お手軽栽培(キューバパールグラス編)Vol.1

eclipse ... 11 6th, 2008

キューバパールグラスの水上葉を室内栽培してみる事にしました。

今回のコンセプトは『お手軽、手間いらず』です。

メインとなるものはこちら。

その名も『タネまきミニ温室』!!(ホームセンターや園芸店で手に入ります)

この商品、なかなかのスグレものです。

透明なプラスチックの蓋が付属していて、簡単に温室を再現出来るんです。

しかもW270×D120×H70(mm)というコンパクトさ!

デスクの上にもラクラク置けてしまいます。

使い方は至って簡単。

水を入れて、土を膨らませて、草を植えるだけ。

成長スピードが穏やかなキューバパールグラスですが、2ヶ月も経つ頃には

こんなモリモリになるまで成長します。

ショップで購入した状態より、明らかに草に元気があるのがおわかり頂けますか?

これだけ育ってくれれば、水中育成にも気兼ねなくチャレンジ出来ますね!

キューバパールグラスの生い茂った水槽を、草のコストを抑えて作ってみたいとお思いの方、

自家栽培にチャレンジしてみては如何ですか?

次回からはセットから成長過程までをレポートして行こうと思います。

汚染湖で謎の物体発生

eclipse ... 11 5th, 2008

一体これは何なのでしょう?

クラゲ?

かなり気持ち悪い姿をしています。

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この化け物のような物体は

中国福建省にある左海公園内の湖にて発見された『謎の生物』なのです。

※こちらのサイトより、関連記事をご覧になる事が出来ます http://www.recordchina.co.jp/group/g25468.html

最初に発見された頃は肉まんほどの大きさだったそうですが、数ヶ月で数十キロという

大きさまで成長したそうです。驚異的な成長スピードです。

99.75%が水で、残りの0.25%が未知のタンパク質で出来ているそうです。

「体内」からは湖水の147倍の菌類が確認され、「細菌、放線菌、真菌」の3種類からなる複合体で

自然界では極めて珍しい生物だそうです。

何だか人体に有害な菌も沢山持っていそうで怖いですね。

工業用水による湖の深刻な汚染が原因で、このような「未知の生物」が生まれてしまったと、

専門家は判断しています。

そこまで酷い汚染だと、本来湖に生息していた生物達はどうなってしまっているのでしょう?

生きていけるのでしょうか?

私はこの生物の出現が、湖からの悲鳴、警告のように受け取れます。

「これ以上汚さないでくれ、早くその過ちに気づいてくれ」と。

日本では、水の浄化に対する意識を高めている河川や湖が増加しているものの、それでも汚れている

水辺はまだまだ沢山あります。

「日本も明日は我が身。いつこの生物のようなものが日本で出現してもおかしくない」と改めて環境

に対する意識を高めないといけないと感じました。

左海公園湖に生息する生物達の為にも、中国には早急な環境改善対策と、国レベルでの環境意識

の向上を強く望みます。

微力ではありますが、私も個人で出来る環境対策をして行きたいと思います。

連休明け

smart ... 11 4th, 2008

みなさんどうお過ごしでしたか。

とりあえず私は夕方まで時々月曜日的な感性で仕事してました。。。

今日は火曜日なんです。ゴミの日です。

明日は水曜日なんです。問屋に行きます。

とりあえず自分に言い聞かせて今日という日が終わって行くのでした。

ラブラブ?

eclipse ... 11 4th, 2008

事務所と隣の建物の間に、小さな草むらがあります。

何か居ないものかと覗き込んでみると・・・いたいた

『おんぶバッタ』です。

こんな所にもちゃんと生物が居るんですね。驚きました。

下の大きな方がメスで、上に乗っている小さな方がオスだそうです。

どうしておんぶしているのか?

その理由は「オスがメスを独占しているから」だそうです。

行動範囲がそれ程広く無く、目でパートナー探しをするおんぶバッタは

早い段階からパートナー探しを始めます。

オスは同じ種類のメスを見つけると背中に乗っかり、交尾の時期が来るまで

一緒に生活します。その方が、確実に交尾が出来るからです。

オスはメスの背中に乗っている間はほとんど何も食べないそうです。

凄いです・・・食いしん坊の私には、食べないなんて考えられません。

おんぶバッタ、おんぶしている姿がなんだか滑稽でもあり、微笑ましくもあり、なんとも言えない

魅力を持つバッタです。

しかし、女の子におんぶされっぱなしとは・・・人間社会では考えられない状態ですね・・・。

いつかオスがメスをおんぶする日はやって・・・・・・来るのかな?

頑張れ!オスよ!!

11月に入り、草むらの草も枯れて来てしまい、バッタ達の姿も見あたらなくなってしまいましたが

来年になれば、きっと、このおんぶバッタの子供達に出会う事が出来ると思います。

その時は、また素敵なおんぶ姿を見せてね、バッタくん。